作品情報

 歌詞を見る▷

New!

 


(2017
61)全国発売CD

未来(劇場公開映画『霊眼探偵カルテット』
劇中歌


[ CD収録内容 ]

1.未来(劇場公開映画『霊眼探偵カルテット』劇中歌)

2.虫眼鏡

3.お♪茶を飲もう

4. 未来 [オリジナルカラオケ]

5. 虫眼鏡 [オリジナルカラオケ]

6. おっ♪茶を飲もう [オリジナルカラオケ]

 

カラオケ含む全6曲入り
マキシシング

¥1300(税込み)

 

 


(20161015)マキシシングル

アンテナ


[ CD収録内容 ]


1.Shake your soul

2.Scorching heat story

3.アンテナ

4.Shake your soul [オリジナルカラオケ]

5.Scrching hert stor [オリジナルカラオケ]

6.アンテナ [オリジナルカラオケ]

インスト含む全6曲入り
マキシシングル

¥1000(税込み)

 

 


(20151128)初のミニアルバム

aasa〜sing for Nepal〜


[ CD収録内容 ]

1.aasa~sing for Nepal~

2.We’ll Be Love

3.バカ

4.この世界で

5.雨とコーヒーのバラード


全5曲入りミニアルバム

¥1000(税込み)

 

 


2014112)マキシシングル

ゆめぞら


[ CD収録内容 ]

1.ゆめ空

2.だから人生は素晴らしい

3.おおかみ少女

全3曲入りマキシシングル

¥1000(税込み)

 

 

 

(2014418)マキシシングル

Shame


[ CD収録内容 ]

1.Shame

2.さくら〜2014春バージョン〜

3.Shame〜ham’s radio edithon〜

 

全3曲入りマキシシングル

¥1000(税込み)

 

 

 

(2013112)マキシシングル

RAKUTEN


[ CD収録内容 ]

1.RAKUTEN

2.さくら

3.美しい人

 

3曲入りカラオケ入り

¥1200(税込み)

 

 
ソールドアウト 

 

(20121031)マキシシングル

We’ll Be Love


[ CD収録内容 ]

1.We’ll Be Love

2.雨とコーヒーのバラード

3.いのりの歌

 

3曲入りカラオケ入り

¥1200(税込み)

 

 

 


CDのご購入は通信販売から

こちらから(別サイトにリンクします)

 

※チャッチャッチャッ みんな大好き
チャッチャッチャッ お茶の間で
チャッチャッチャッ みんな一緒にお茶を飲もう

僕はこの時間が大好きさ 家族みんなお茶の時間
お茶が熱いと耳たぶつまんでくるパパもニコニコ笑顔でゴキゲンさ

ママはご飯の時もおやつの時も 「お茶を飲みなさい」って言う
おかげで最近虫歯ができにくい お茶は不思議な飲み物だ

※くりかえし

僕はこの時間が大好きさ みんな笑って茶の香り
茶柱見つけた僕におばあちゃんが言った「誰にも言わずにいなさい」と
お茶をすすったじいちゃんが言うことにゃ「日本人で良かったな」
きっとおじいちゃんはみんなでお茶を飲めて嬉しいって言ってるんだろう

※くりかえし

大人になった僕もお茶を飲んで昔を思い出す
やっぱおじいちゃんはみんなでお茶を飲めて
嬉しいって言ってたんだなぁ…

※くりかえし        お茶を飲もう

波打ち際 寄せてかえす 恋心のように
治りきらぬ 夏の病 ぶり返して行く

仲間たちの 中にいても 何をしてたって
いつもあなただけだった

突然の夕立に 手を取って走り出した
あなたの横顔 照れたような smiling face
灼熱の雨の中 むせぶような 恋の中
立ちつくしていた あのころ
scorching heat story

寝静まった 部屋を抜けて あなたのもとへと
走り出した 心配そうに 月だけが見てる

燃え尽きるため 燃えてる恋 誰にも言えない
このままでは いられない

忘れないであの夏 月明りだけたよりに
強く抱きしめて かさねた唇
ふたり近づきすぎて 心が見えなくて
傷つけあってた あのころ

 

忘れられぬあの夏 灼けるようなこの胸
会いたくて 会いたくて
灼熱の雨の中 むせぶような恋の中
立ちつくしている 今でも
scorching heat story

飛んでいけ強い力で 夢をつかみ取れるパワー
私が持ってるアンテナ いつまでもみがいていこう

いつもとおんなじ1日が 始まるよ 憂鬱な心取り繕う Work Clothes
ぎゅうぎゅう詰めの箱に揺られ行き着く先は 本当にいたい場所だっけ

snsチェックもゲームもラインも 液晶から1歩も動き出せずに
ふと視線を上げれば晴れた空に 誇らしげな電波塔

やんなきゃいけない事なんていっそ捨てちゃって
いつだってしたい事ができるよdon't forget
ドキドキワクワクときめきはすぐそばで キャッチされるの待っている

飛んでいけ強い力で 夢をつかみ取れるパワー
私が持ってるアンテナ いつまでもみがいていこう

傷ついたあの日にしまったアンテナ だけどまたあなたに会いに行きたい
空の上でその声が聞けたならば もう1度頑張れるよ

飛んでいけ強い力で 夢をつかみ取れるパワー
私が持ってるアンテナ いつまでもみがいていこう

世界中に広がってゆけ

 

雨の日には二人でカフェに来るのが好きだった
窓ぎわいつもの席 だまつて雨を見てた

あいかわらずのあなたと私の 前にはTwo Cups of coffee
でも二人は今日から恋人じゃない

コーヒーさめるまでここにいて
今はまだ席を立たないで
二人の道は離れていくけど 今はまだ離れられない

ドシャぶりじゃないかぎりあなたは傘をささなくて
その髪すべる雫に私はただ見とれた

今日にかぎってちゃんと傘さして あなたはやってきた
もう 一度だけでも見たかったのに

コーヒーさめるまでここにいて
今はまだ恋人でいたい
二人の夢は叶わないけど 今はまだあきらめたくない

コーヒーさめるまでここにいて
今はまだ席を立たないで
二人の道は離れていくけど 今はまだ離れられない

コーヒーさめるまでここにいて
今はまだ恋人でいたい
二人の夢はかなわないけど 今はまだあきらめられない

ねえ どうしたらあなた 笑ってくれますか? いつだってそれだけで1日は過ぎてく
もう 自分の声も聞こえないくらい 街は騒がしいから あなたに会いたい
恋するにも 夢見るにも 資格が必要と言われちゃう
こんな時代に生まれたこと なげきたくなるけど
飛びたい飛びたい 空高く 一瞬でもいいから そして忘れたくない あなたと見たゆめぞらを

ねえ 繰り返す日々に何を思ってますか?いつだって幸福を見つけられますように
偉い人が 決めたことを くつがえす力なんてないけど
たった一人 あなただけは守れる人でいたい
飛びたい飛びたい 空高く 一瞬でもいいから そして忘れたくない あなたと見た空を

誰かを傷つけるくらいなら 誰ともかかわりたくないよ苦しくてのたうちまわってもがいてる
それでも 愛する人が笑って それだけで世界は光って 空へ 空へまた手を伸ばす
飛びたい飛びたい 空高く 一瞬でもいいから そして忘れたくない あなたと見た・・・
飛びたい飛びたい空高く 一瞬でもいいから「どんな時でもそばにいる」あなたと行くゆめぞらを
ラララ・・・

巡り巡る時代の中で ただ生きてくだけで疲れちゃうわ
同じことを繰り返す日々 一年てこんな早かったかな
何だかんだ不幸だとは思わないけど満たされてもいない
素直になれなかった過去の自分 今更心に引っかかる

あの頃見ていた未来はどんなだっけな
過去の自分が今の自分を見たらどう思うかな 胸を張れるかな
どこかに置いてきた大切な気持ちを今更追いかけても可笑しくないかな
そんなこと考えてまた日が暮れる

自分の周りの仲間達が頑張って結果を出したりしても
それを冷めた目で見つめていた 喜ぶなんてできるはずなくて
心折れて それさえも目を背けて大人になって
わかっているわ人生一度きり今やらなきゃ一生後悔する

力が足りなくて真面目にできなくて
そんな日々にはさよならを告げて 飛び出そうよ上手くいかなくても
いくつになっても周りに笑われても
夢は叶うとは限らないけど だからこそ人生は面白い

何かを始めるのに遅すぎるなんてことはない
泥にまみれたってまた立ち上がればいい
人生の全盛期は今この瞬間

あの頃見ていた未来はどんなだっけな
過去の自分が今の自分を見たらどう思うかな 胸を張って笑おう

いくつになっても周りに笑われても
夢は叶うとは限らないけど だからこそ人生は面白い
夢は叶わないかもしれないけど だからこそ人生は素晴らしい

また嘘をついた すぐにばれる嘘を
人が困るほど驚くほど嬉しいみたい

待つのに耐えられず 電源を切った
人があたしのこと考えるほど嬉しいみたい

何もしたくない 燃えていたことさえ忘れ
ベッドに入って目を閉じ息をはいて
中のもの全部出てったら良いのに

必要とされていることを確かめたいだけなのに
あなたをあの人のことを困らせる気なんてないのに

捨てられた日に悪いことばっかり選んで
自分を嫌って手を切り泣きわめいて
存在した全部消えれば良いのに

必要とされていることに慣れて線を引くから
あたしをあの人はきっと引き止める気なんてないから

必要とされているものになれる気がしたはずなのに
望んだあの人はそれを忘れてしまって否定し始めた

あの熱を感じたことも認めた悲しみたちも
移った情もゆがんだ憎悪に変わることがないように
変わることがないように

公園のベンチ 座ったままサラリーマン 65円のハンバーガー食べてる
胸ポケットからタバコを1本ぬいて しばらく見つめた後またもとに戻した

新聞の求人欄何度も読み返して いくつもいくつもマルをつけた
集まったハトにあげる物がなくて 潤んだひとみをグッとぬぐった

生きてきたんだ 頑張ってきた
日本を背負ってきた 日本を作ってきた
そうして今ではこんな日本だ
何か変だな どっかおかしい 見上げた太陽が眩しくて目を押さえた

バイトの面接でガムをかんでた彼 込んだ電車の中メイクしてたあの子
どんな大人にもタメ口をきく彼 タトゥーいれたから 温泉行けないあの子

ファミレス友達と一緒に入ってずっと 無言でメールを打ち続けて
ムカついたら刺して 好きになったら監禁 お金の為ならパンツも売って

生きてきたんだ ワリと楽しく
昨日を忘れちゃって 明日もわかんなくって
それでも今だけ自分なりに
何か変だな どっかおかしい 自分で気付けていないことが一番悲しい

おんぼろアパートギターをかき鳴らし 歌ってたらまた壁をなぐられた
買い物はいつも99円ショップ バイト先でいつももらえる残り物

「早く帰ってきな」実家から電話 親さえ娘に夢を見ない
「お前才能ない」「そんなに甘かあない」何百回も言われてきたけれど

生きてきたんだ 歌うたうんだ
今日もお腹へって 明日もわかんなくって
それでも自分を否定しないで
どっか変でも 何かダメでも ちっぽけなわたしちっぽけな歌をうたう

さくらよ 散らないでよ

桃色の空に見守られ 君に伝えたいことがあるんだ

まだ少しだけ寒いこの季節君と歩く

強めの風も春のにおいも もう何度目になるんだろう

いつも一緒だねってからかわれていたけれど

まさか君にこんな気持ちいだくようになるなんてね

さくらよ散らないでよ

桃色の空に見守られ 君に伝えたいことがあるんだ

さくらよ 散らないでよ

勇気を出せるその日までは お願いどうか咲いていて

急に走り出した君が ジャンプして手を伸ばす

その手がふれて揺らした枝から ピンク色した恋の雨

ずっとあの日から止まることなく降りつもる

たった一つの願い事を塗りつぶし隠すように

さくらよ 散らないでよ

桃色のじゅうたんの上で君に伝えたいことがあるんだ

さくらよ 散らないでよ

この思いをぶつける日までは お願いどうか咲いていて

さくらよ 散らないでよ

悲しいことがあったんだね 一人じゃ夜をこえられない

あの人の夢を見て 灰色の胸に気付く

「どうしてなの?」答えのない結末が 人生には待っているけど

それでもあなたは また前を向いて立ち上がる

自分を忘れるくらい悲しい恋をしてあなたは美しい人になる

つらくてもつらくても光を見つけ出せるあなたは美しい人

悔しいことがあったんだね 一人ぼっちで傷をなでる

遠すぎる夢をかかえ 水色の涙流す

どうしても 叶えたい夢の途中で 人はふっと我に返るけど

それでもあなたはまた前を向いて歩き出す

自分を誇れるくらい 大きな夢を見てあなたは何度でも立ち上がる

遠ければ遠いほど輝きを増して行くあなたは美しい人

自分を忘れるくらい悲しい恋をしてあなたは美しい人になる

つらくてもつらくても光を見つけ出せるあなたは美しい人

テレビの中では毎日のように 心配事ばっかり増えて行く
とっても賢い学者さん達が この世の終わりのような顔で語ってる

だけどでもねわたしには あなたと過ごす日常が
とてもとても大切で 守ることしか考えられない

当たり前だと思ってた場所も 消えてしまうと知ったとき
何がおこるかわからない明日を 大好きなあなたとこえて行くと決めたんだ

もしも明日もう二度と あなたに会えなくなるとしても
とてもとても幸せな 記憶だけは残るように

明日がわからないからこそ 人は今を大切にできる
あなたをみんなを幸せを祈る

ずっとあなたと眠る夜を 涙が出るほどきれいな夕日を
笑い転げる休日を 守ることしか考えられない
ずっとずっとわたしには あなたと過ごす日常が
とてもとても大切で 守ることしか考えられない